衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド

衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
Top診断力てすと > 2017年6月号 口腔関連疾患

診断力てすと  診断力てすと


2017年6月号 口腔関連疾患
矢島哲弥
Tetsuya YAJIMA
柏厚生総合病院 歯科・口腔外科
〒277-0862 千葉県柏市篠籠田617番地
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
図1 パノラマX線写真
図1 パノラマX線写真
図2 TMJパノラマ断層写真
図2 TMJパノラマ断層写真
図3 オルビトラムス写真
図3 オルビトラムス写真

患者: 68歳、女性
初診: 2017年2月
主訴: 左側下顎部の疼痛
現病歴: 2017年1月ごろから左側下顎部に5〜6分程度の疼痛を自覚し、近在歯科医院を受診するも改善しなかった。
同年2月ごろから疼痛時間が10分程度と長くなり、某院耳鼻咽喉科を受診。通院中の耳鼻咽喉科より紹介され、当科を受診した。
既往歴: 高血圧にて、5年前よりアムロジピンを内服。骨粗鬆症にて2年前よりエルデカルシトールを内服。
家族歴: 特記事項なし
現症: 全身所見;軽度の背部痛を認めるも、熱感・倦怠感は認めなかった。

口腔外所見;無痛開口域は40mm、ブラキシズムや片咀嚼癖、ならびにクリッキングやクレピタスは認めなかった。顔面に発赤や腫脹は認めなかった。左側顎下腺の腫脹や圧痛は認めなかった。

口腔内所見;歯周ポケットは、一部に6mmの部分があるものの、おおむね3mm程度であり、歯周ポケットからの出血や排膿は認めなかった。あきらかな歯の打診痛や動揺は認められなかった。排唾は良好であった。

初診時血液検査所見;CRP 0.2(mg/dL)、WBC 8,200(μL)

画像所見左下67にインレー処置が施行されているものの、根尖に透過像は認めなかった(図1〜3)。
最も疑われる疾患名は?
  1.顎関節症
  2.唾石症
  3.狭心症
  4.下顎顎炎
ANSWER
<<一覧へ戻る
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド
衛生士,歯科,dental,Dental Diamond,デンタルダイヤモンド